芳年/月百姿 Yoshitoshi / One Hundred Aspects of the Moon

幕末〜明治前期の浮世絵師、月岡芳年(つきおかよしとし/1839〜1892年)

『月百姿』

月岡芳年(大蘇芳年)が1885年(明治18年)の1892年(明治25年)月をモチーフとした浮世絵の連作。全100点揃物の大判錦絵。彼の最後の大作代表作の一つ。

 

A series of ukiyoe prints featuring the moon produced by Tsukioka Yoshitoshi (Taiso Yoshitoshi) between 1885 and 1892. This is a set of 100 large-size nishiki-e prints. It is his last major work and one of his masterpieces.